風林火山のFX戦略メモ

FXで生計をたてるための戦略を記録する

10月21日週足日足の様子

USDJPY:週足日足ともにはっきりとしたサインが出ていない。ただ、大きく反発する
     ようには見えない。
EURJPY:週足は129円を中心としたもみ合い。日足は下げ基調に見えるが不明。
GBPJPY:週足日足ともに下値トライのイメージだが、目先ぎくしゃくとした値動き。
AUDJPY:未だ下げのトレンド内にいると思われるが、目先はもみ合いの模様。NZDJPY
     も同様。
CADJPY:85円半ばを切れると84.00を目指す動きになりそう。注目に値する。
EURUSD:週足はさらなる収束を示唆。日足も1.14-1.16のレンジ内の動き。
GBPUSD:1.30-1.32のもみ合い。なぜ下落しないのか疑問に思っている。マーケットは
     国民投票がもう1度行われることを先読みしているのかも知れない。
AUDUSD:週足は下げ基調継続。日足はもみ合い。NZDUSDも同様だがAUDUSDよりも
     地合いは良さそう。
USDCAD:週足はレンジ内収束中。日足は1.3100をクリアしてさらに上昇も可能。
EURAUD:週足は高値圏のもみ合いを継続。日足は反発の可能性を示唆。
EURGBP:週足はレンジの安値圏から反発を示唆。日足も同様だがギクシャクした動き。


週足日足ともに、どれもぱっとしない。基本的にもみ合いの相場が続くものと思われる。
EURが下落する考えは変えていないので、1.16に近づく局面ではまたショートしたい。
ドル円も113円に近づく局面でショートすれば、112円前半で買い戻せる相場が
続きそうだ。とりあえず、EURUSD、USDJPYといったシンプルな通貨ペアで
レンジ相場と割り切ったトレードをしてみる。