風林火山のFX戦略メモ

FXで生計をたてるための戦略を記録する

10月28日 週足日足の様子

USDJPY:週足日足ともに下落再開を断言できない微妙な情勢。日足で111.50以下でNY
     が引けてくれると、まだその雰囲気があったが、現状まだレンジ下限付近。
EURJPY:週足は126.00トライ濃厚。日足もまだ下落基調だが、下げ一服の可能性も
     ある。明日から再び126円台をトライできるか注目。
GBPJPY:週足日足ともに下落継続の可能性が濃厚。ただ140-142円は岩盤。
AUDJPY:まだ下落基調だが、78円台を下抜けするのはかなり難しそう。
NZDJPY:72.00を下抜けすると大きいが、抜けるのかは今のところ五分五分の状況。
CADJPY:レンジ中間でのもみ合い継続中。
EURUSD:すべては1.1300を下抜けできるかにかかっている模様。1.1430-50上に
     戻らなければ、まだ大いに可能性がある。金曜日の反発は今のところ
     ただのポジション調整の可能性大。
GBPUSD:週足日足ともに下落継続の可能性が濃厚。ほぼ全通貨に対してGBPは安い。
AUDUSD:緩やかな下落を継続中。NZDUSDも同じ。USDCADは目先は頭重そう。
EURAUD:収束が継続中。まだまだ煮詰まりが足りない模様。
EURGBP:底堅いが0.89-0.90は大きなレジスタンス。


金曜日のドル円が111.50を割った後に、再び112円台に戻ったのには驚いた。明日再び
112円に戻す可能性もあるが、そのうち下がると思うのでショートキープする。先週の
月曜日はEURJPYが夕方に130円台まで上昇し、絶好の売り場となった。明日も同じ
ように上昇するなら、128円乗せあたりから売りで対処したい。EURUSDはドル円の
状況を見ながらだが、1.1430近辺にまた上がるようなら売ってみたい。ただ、EURUSDの勝負どころは、やはり1.1300を下抜けしてからと思う。それまでは戻り売りのみ。
とりあえず週初のメインは、USDJPYのショートキープと、EURJPYとGBPJPYの良い
レベルでのショートメイクとしたい。