風林火山のFX戦略メモ

FXで生計をたてるための戦略を記録する

10月31日10時50分

EURUSDが前回1.1300近辺をつけたのが、8月15日だったので、その他の通貨が8月15日にいくらぐらいの水準だったかチェックしてみた。ここのところEURGBPが上昇し、GBPUSDがずいぶん弱い印象なのだが、今のEURGBPのレベルは8月15日のレベルと
だいたい一緒である。つまりEURUSDの下落にやっとGBPUSDが追いついたという
ことだ。8月15日のドル円の高値は111.40近辺で、これは先週の安値近辺である。その後
ドル円は110円台へ向かったので、ドル円は8月15日くらべて現在は3円程度の円安。
一方AUDUSDとNZDUSDの8月15日のレベルはそれぞれ0.72台と0.65台。AUDUSDは
現在200pips安の0.70台後半でNZDUSDは現在0.65台で変わらない。EURUSDとGBPUSDが依然高すぎるのか、AUDUSDが安すぎるのか。わからないが、EURとGBPは対AUDで
だんだんと収束に向かっている。対円でもこれからもっと円安になるとは思えない。