風林火山のFX戦略メモ

FXで生計をたてるための戦略を記録する

11月4日 週足日足の様子

USDJPY:週足上伸したが日足ではレンジを収束させている。様子見。
EURJPY:週足は125-130円のレンジの往復。日足は上伸しているが130円台まで。
GBPJPY:週足は140-150円のレンジ往復。日足の上伸もとりあえず148円まで。
AUDJPY:週足は底値から反発も、日足では82円台が限界の可能性も高い。
NZDJPY:週足はレンジ下限の往復。日足も75円台で目標達成。76円台は遠く見える。
CADJPY:週足日足ともにレンジ収束中。様子見。
EURUSD:1.1450上を一瞬トライしたが引け値は1.13台。まだまだ下落の可能性継続。
GBPUSD:週足はまだ安値低迷。日足も上伸が一服した模様。
AUDUSD:週足はまだ下げのトレンド内だが、日足は上伸が継続する可能性がある。
NZDUSD:AUDUSDと同様の感じ。0.6700を上抜けすると新展開になる可能性。
USDCAD:1.29-1.32のレンジもみ合いを継続中。
EURAUD:日足は反発の可能性示唆だが、週足ではまだ下落途中。1.5600が目標。
EURGBP:日足では0.8700あたりまでの下落の可能性。週足ではただのレンジもみ合い中


ドル自体の動きは中間選挙の結果がでる水曜あたりから本格化すると予想するが、あまりこのイベントでおおげさに身構えるのは避けようと思う。ドル以外の動きの印象としては
EURと円が弱くAUDとNZDが強い。EURAUDは一旦SQにしたが、気持ちはまだEUR安
AUD高。全体的な値動きに注視しながらまずEURの売りから戦略を組み立てたい。
EURUSDのショートから入るか、それともUSDが弱い場合AUDUSDのロングで入るか。
または単純に再びEURAUDのショートで行くか。月曜はとりあえず夕方まで様子を見る。